親高校

親高校のブログ

コロナ禍の厳しい時期でのローンの支払いについて

新型コロナウィルス流行の影響により、「勤め先が廃業してしまった」とか「売り上げの減少で商売が成り立たなくなった」や「給料が減らされて住宅ローンの支払いが出来ない」などの声を多数聞くようになりました。

「こんなご時世に手を差し伸べてくれる人もいない!」って嘆くお気持ちはわかりますが、何とか窮地を脱してもらいたいものです。

日々の生活費に困っているのであれば、市区町村で相談に乗ってくれる窓口がありますし、借り入れの返済が困難であれば融資先の担当者に現状を伝え返済計画の見直しをお願いしてみる。などの手段を実際に試してみてはいかがでしょうか?

以前、お仕事を頑張りすぎて体を壊し、住宅ローンの返済が出来なくなった方からのご相談を頂いたことがあります。

暫く食事もできない生活をされていらっしゃいましたので、お会いした直後に一緒に役所へ出向いて頂き、その場で生活保護の申請をしていただきました。

その後、転居先を確保できましたのでご自宅は不動産業者に売却してもらい、静養に努めて頂けるようになりました。

また不動産業者の営業トークにより投資用マンションを購入してしまった方が、お借入金の返済不能に陥ってしまい、ご相談を寄せられました。

すぐに不動産はご売却していただくよう勧めさせていただき、それでも借入金全額の返済が出来ないので弁護士先生に相談のうえ今後の方針を立てていただき、法的手続きに進むことになりました。

ご家族皆さんが抱えていた不安がなくなり、家庭が明るくなったと仰ってました。

このような経験から、窮地に立たされ悩んでいらっしゃる方は皆さん実直でお悩みを抱え込む傾向があると思いました。

前述の2例は国が保証しているリセット方法なのです。

決して悪事を行っているわけではありません。

手続きに不安がある方は、早めにこちらもしくは信頼できる方に相談していただくことが良い結果に繋がりますので、少しの勇気をもって動き出してください。

(ブログ記事 長田宏一)

Pocket
LINEで送る

メールやSNSで
ご相談ください

親高校の先生へのご相談は、メールやSNSでいつでも受け付けています。

ご相談はこちら
OKサインを出す先生