親高校

親高校のブログ

住宅ローンの返済に不安を抱えたときの対処方法

本日は、住宅ローンの支払いに不安がある方は、これからどのようなことを検討していけばいいのかをお伝えしていきます。


まずは、住宅ローンの契約をした金融機関に相談に行きましょう。

返済が滞る前よりも支払っていて、厳しいと思った段階で相談に行ってください。

金融機関の対応は全く違うと思います。


住宅ローンの支払いが厳しくなると、みなさん焦ります。

早々に売却しなければならない、滞納したら、差し押さえられて競売になってしまう、すぐに引越ししなければならない。


そんな不安が頭をよぎります。

一呼吸おいて、冷静になりましょう。


まずは、金融機関に相談してください。


相談すれば、対処方法が見つかる可能性があります。

返済が厳しくなる理由は多岐に渡ると思いますが、最近ではコロナ禍の影響で、収入が減ったり、失業してしまったりあると思います。

金融機関には素直にご自分の状況を伝えて、リスケジュールを検討してもらってください。リスケジュールとは、返済スケジュールを変更してもらうことです。

返済期間を延長してもらうことで、月々の返済額を少なくしてもらったり、一定期間利息だけ支払うなどの条件を変更してもらえる可能性があります。


金融機関ごとに要件は変わりますので、直接ご確認ください。

今後の返済計画に目途が立てば、そのまま継続して住み続けることもできますし、金融機関とは金消契約の内容を変更をすることで、返済の目途も立つことでしょう。


それでも将来が不安ということであれば、ご自宅の売却を検討していきます。
この場合の不動産業者は慎重に選びましょう。

不動産業者は、ただ右から左へ不動産を売却する手続きでは済まないということがポイントです。

通常の不動産売却の手間と手続き以上の業務をする必要が出て来ますので、専門業者でないとミスから不動産売却のタイミングを逃してしまうなんて可能性もあったりします。
大手不動産業者だから良いという訳ではなくて、住宅ローンの債務整理を専門に扱っている不動産業者に任せることで、スムーズにお話が進みます。


よく世間では言われている、任意売却を扱っている業者です。

任意売却については、またの機会にブログを書かせていただきます。


私自身、債務整理専門に扱っている不動産業者の経験がございますので、お気軽にご相談ください。

Pocket
LINEで送る

メールやSNSで
ご相談ください

親高校の先生へのご相談は、メールやSNSでいつでも受け付けています。

ご相談はこちら
OKサインを出す先生